NEW すべての商品

おすすめアイテム

About

  た ま ゆ ら

 イ キ す る コ モ ノ
古 き 良 き も の を 残 し 変 化 を 愛 し む

たまゆらでご紹介する商品の 『アンティーク』 は江戸後期から明治、大正、昭和初期の時代を指します。
また、1950年代から1970年代のアイテムのアイテムを 『ヴィンテージ』、懐古的趣味のことを指す 『レトロ』 と区分けしています。

たまゆらのアンティーク着物は、『時代を超えて大切にされ風情と味を増ししっくり今を生きるもの』と捉えております。それを輝かせる着物の小物達 名脇役になる選び抜かれた一点ものを販売しています。

野良着へのリメイクの商品は、昭和初期から現代までの着物や古布を丁寧に選別し、そのまま生活に溶け込めるものもあれば、木綿着物を解いて一枚の布として始める事もあります。それらを実際に畑仕事で使用したり試行を繰り返し、実際に使える商品としての強度を確認、自己判断基準のもと販売しています。
布力全開の布は野良着や畑仕事のお供に。程よく元気な布はお台所の前掛けや、お家周りの小物にリメイクしております。

きのこ雑貨は、布力はないけど糸味の良い布や鋭い柄の端切れを、新進気鋭に遊び心満載に、布遊びを楽しみつつ、様々な形にに変化させて ☆あなたのお供に☆ をコンセプトに販売するキノコアートの商品です。

そうして生まれた、たまゆらの品々をネットショップの通販として販売しております。

モノは大事に使って使いきる 植物繊維 動物繊維は生きている
命を食べて体を作る 呼吸は大気となり大地の香りを纏う日々 都会にいても空と土を日常に

『たまゆら』 ほんのしばしの間、一瞬、勾玉同士が触れ合って立てる かすかな音 ココロに響く 一瞬を集めて見つめて育てていきたい 身のまわりに関わる事を掌で感じたい そんな思いを込めて 
『たまゆら』 と名付けました。

重ねゆく日々に彩りを。。。☆

                   プロフィール

MAGAZINE

  1. magazine

    ゆるる淡路島、新店工事スタッフ募集

    【住み込みヘルパー募集】 ゲストハウスゆるるは、淡路島の西海岸、五色町にファームホステルゆるるを新たに創業しましす。 『自然栽培とヤギと暮らす宿』がテーマです。 今までは京町屋の改修がメインでしたが、今回は新築で宿と農産...

  2. magazine

    アンティーク着物で学校行事

    人がいる場でのお着物。 畑でもなくお家でもない。 このご時世外出する事は多くないですが学校行事は。 生まれ育った東京でわなく移住地淡路島なので人の数も価値観も気候も様々な違いを楽しみ考慮です。 京都の時は着物文化が進んで...

  3. magazine

    農家になる事 半農半Xの実現

    美味しいと安心、そして地球の恩恵を実感したい。 そんな想いで農家になりました。 野良着と農業の半農半Xの形を続けていきたい。 四季の変わり目は全ての生物が体の中で変化をしています。新しい季節に待ち望んだ季節の食べ物を食べ...

  4. magazine

    山東生ニンニクレシピ☆

    毎日全力で楽しんでいますか.陽の下、雨の中、強風の中、淡路の空の下で野良着を着て畑に精を出しています.正絹着物は行事待ちの今日この頃ですが早いもので淡路島の野良着で畑事情はもう袷の木綿着物では暑いのです。単衣の木綿か野良...

  5. magazine

    固定種 ひまわりタイタン 種無料配布開始 2021

    衣食住楽しんでますか。 ひまわり タイタンの種無料配布終了しました。 ご応募ありがとうございました。 たまゆらのひまわりが全国に散らばりました。 固定種の命を繋いでくれることを祈ってます。 素敵なひまわりライフをー。 ●...

  6. magazine

    アンティーク着物からたつけへ

    なぜ野良着なのか。 もはやそれは普段着です。 着心地の良い気に入った柄の服。 人は大人になると自分で服を選び 身に纏う。 小学校までは母親の買ってきてくれた服を喜んできているが 思春期にもなると貯めたお小遣いで電車に数十...

  7. magazine

    野良着への思い

    牛年始まりました。 今年も鼻を利かせて耳を澄まして道なき道を歩きたいと思います。 思いを形に変える事、 心にいつも風を通す事、 日々の彩りを感じる事、 柔と静 まるくまるく 五感の先にある私を纏うもの 気の中に存在する数...

  8. magazine

    ちくちくキノコ雑貨制作 試作品という楽しみ

    冬が来ました。 去年は暖冬でしたが今年は四季を思い出すことの出来る 寒い冷たい冬。淡路島、瀬戸内気候の冬。 炬燵を出してちくちく制作したり自然栽培で育てた綿の種とり作業の 綿繰りに精を出す日々が始まります。 冬の間に。。...

  9. magazine

    簡単襦袢の作り方 野良着 防寒対策

    スペルト小麦栽培に夢中になっていたらいつの間にか11月。 農作業中に首回りや腰回りが冷える季節です。 さて今日は農作業時の野良着の下着と寒さ対策です。 この季節は袷の野良着着て半幅帯を占めるのが一番作業にしっくりきます。...

  10. magazine

    晒し木綿の選び方。野良着や草木染めに使うたまゆらの晒し木綿

    たまゆら制作に使う晒し木綿の紹介です。 世の中には様々な晒しが流通しています。 和服屋に行けば必ずといっていいほど晒しは売っていますし最近はコロナウィルス予防策としてどの家庭でもハンドメイドでマスクを作っているようです。...